【幻冬舎】NewsPicks Magazineを読むべき理由

2018年の夏から幻冬舎から創刊された「NewsPicks Magazine」。シーズン毎に発売される予定で、先日Vol.2が発売されました。

ニュースアプリ「NewsPicks」がものすごい勢いで成長していき、今では多くの人がインストールしていて最強のビジネスツールとなっていますが、今回の雑誌版も内容がとても濃いので是非とも買うべきです。

Summer 2018 Vol.1「落合陽一/ニューエリート50人」

Vol.1は様々な分野の「エリート」たちのロングインタビューが掲載されています。表紙を飾っている落合陽一を初め、世界中のビジネスパーソンの貴重な言葉がたくさん載っています。

政治の小泉進次郎、スポーツの本田圭佑、お笑いの渡辺直美など、多岐にわたる分野を代表する人たちが掲載されています。教育やイノベーション、リーダー論なども濃い内容。記事の最後にはQRコードが貼ってあって、それを読み取ると関連したNewsPicksの記事に飛ぶという「雑誌×テクノロジー」という新しい組み合わせ。スマホ片手に雑誌を読むことで、本来の魅力を引き出せると思います。

Autumn 2018 Vol.2「ニューエリートの必読書500」

世界中のエリート達の必読書をまとめた今回は超オススメです。あらゆる成功者は膨大な量の書籍から知識をインプットし、それらをアウトプットして結果を残しています。そんな人たちが一冊一冊を解説しながら計500冊の書籍を紹介してくれるというとても豪華な内容。

特に良いところは、あらゆる分野からの必読書が掲載されていることです。小説から工学、生命科学、映像、経済学、アート、マーケティングやファイナンスまで、なんでも揃っています。多くの人がまだその分野を詳しく知らない人のためにも入門書などをいくつか挙げていたりするので、「興味はあるけど何から手をつければ良いかわからない」という人にも役立つ情報が満載。

冒頭の前田祐二のロングインタビューの中では、自己啓発系から組織作りなどで実際に役立つ書籍など、いかにしてニューエリートと呼ばれるようになったかがよくわかる内容となっています。1年に400冊読むことを10年続けているという超読書家。それに伴うアウトプットで日本を代表する起業家に成り得たのだろうと思います。

1日1冊読んでも1年以上かかるので、「読みたい本を探している最中」の人にとってはものすごくありがたい内容です。

これからも期待

ビジネスだけでなく、政治、アートやデザイン、生き方そのものに関するとても興味深い記事が多くあり、学生としてはこの雑誌を眺めるだけでも満足してしまうくらい良い内容になっています。

値段も1000円しませんし、シーズン毎なので気軽に買えるのも良いところ。適当なビジネス書を読むより成長出来る気がします。

【意識高い系】意識を高くするオススメの方法まとめ【書籍・メディア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です