【初心者】GReeeeNのオススメ曲・アルバム全まとめ

GReeeeNとは

グループについて

GReeeeN(グリーン)は、日本の音楽グループ。所属レーベルはZEN MUSIC、所属事務所は株式会社ハイスピードボーイズ。歯科医と両立しているため、顔や姿を一切出さないアーティストとして知られている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/GReeeeN

誰もが聴いたことのある名曲『キセキ』をはじめ、数々のヒット曲を生み出している4人のボーカルグループです。中高生を中心とした若者が共感できる楽曲を多くリリースしていて、映画やドラマ、CM等のタイアップ曲もとても多いです。

福島で結成された彼らは歯科医学生時代の友人でした。意気投合し、ファーストシングル『道』でデビューしてから現在に至ります。

しかし、メンバー全員が歯科医としての生活をしているので顔や姿を一切出さず、正体が謎に包まれたグループとして活動しています。

メンバーについて

GReeeeNは4人で構成されていて全員が歯科医として働いています。そのため顔や本名等の個人情報は公表しておらず、情報は多くありません。


HIDE(ヒデ)

GReeeeNのリーダーです。多くの楽曲でリードボーカルを担当していて、多くの人が思っている「GReeeeNの歌声」はHIDEの声。現在は結婚していて、関東で歯科医として勤務しているようです。彼の実兄「JIN」はGReeeeNのプロデューサーであり、「High Speed Boyz」でボーカルを担当しています。

navi(ナビ)

かなりの高い声の持ち主です。グループ内では弄られキャラ的ポジションであったり、ふわふわしている印象。HIDEとは予備校時代に知り合い、当時「greeen」というグループ名で活動していたらしいです。よく「navi王子」と呼ばれています。

SOH(ソウ)

イケてる低い声が特徴的。現在は結婚しています。結成当初は音楽経験が無かったらしいのですが、HIDEからの熱い誘いによりグループに加入。

92(クニ)

沖縄出身。そのため、今は沖縄で歯科医として働いているようです。第2のリーダー的存在だと思っています。

楽曲作品

数々の名曲を残してきたGReeeeNの楽曲を、シングル、アルバムごとに追っていきたいと思います。AppleMusicやLINE MUSICなどの定額制音楽配信サービスで一曲ずつ聴きながら読んでみると面白いかも。

シングル

GReeeeNはこれまで32枚のシングル曲を発表しています。
古い方から順番に聴いてみると歌の方向性が変わっていくのが分かったりして興味深いです。

  • 1stシングル
    『道』
    記念すべきGReeeeNのファーストシングル。とにかく励まされる、凄くいい曲です。菅田将暉らが結成した「グリーンボーイズ」にもカバーされています。
  • 2ndシングル
    『HIGH G.K LOW ~ハジケロ~』
    カップリング曲の『DREAM』が隠れた名曲だったりします。ぜひとも聴くべきです。
  • 3rdシングル
    『愛唄』
    GReeeeN初のラブソング。言わずとも名曲なのはご存知の通りですが、PVの訳の分からなさも好きです。
  • 4thシングル
    『人』
    武田鉄矢がジャケット。凄く強く、かっこいい曲です。アルバム収録バージョンとは少しだけ違ったりします。
  • 5thシングル
    『BE FREE/涙空』
    両A面シングルです。『BE FREE』という曲自体はデビュー以前からあり、リメイクバージョンになっています。『涙空』の最後の部分のレコーディング中の音声がベストアルバム『いままでのA面B面ですと!?』の特典「NG DEST!?」で聴くことが出来ます。
  • 6thシングル
    『旅立ち』
    PVのロケ地は伊豆。歌詞の主人公がカッコいいです。この歌が好きな人は『BUMP OF CHICKEN』の『車輪の唄』も聴いてみると良いですよ。
  • 7thシングル
    『キセキ』
    社会現象レベルで大流行した超有名ソング。この名曲が誕生するまでを描いた映画『キセキ -あの日のソビト-』を観てから聴くとさらに感動します。
  • 8thシングル
    『扉』
    PVではGReeeeN(役の外人)が歌を披露します。3曲目に収録されている『少年が故の情熱』を聴くと自分の少年時代を思い出します。
  • 9thシングル
    『歩み』
    明日も頑張ろうという気持ちになれる歌。受験応援ソングとして、リリース当時は合格祈願鉛筆が特典として付いてきました。
  • 10thシングル
    『刹那』
    ”生きる”ということをテーマにした楽曲。PVでは「刹那戦隊ぐりんジャー」が悪者と戦います。
  • 11thシングル
    『遥か』
    映画『ROOKIES -卒業-』の主題歌。実は5月27日発売版と6月10日発売版とでは歌詞構成が違います。大きな愛をテーマにした曲です。
  • 12thシングル
    『花唄』
    前シングル『遥か』から2年ぶりの新曲。ここからGReeeeNのテイストが少し変わった印象がします。力強い歌。ロックです。
  • 13thシングル
    『ソラシド』
    子供の頃の冒険心を思い出させてくれるような曲です。ワクワクするような曲です。夏に聴きたい。
  • 14thシングル
    『恋文~ラブレター~』
    真っ直ぐな愛を歌った楽曲。PVも素敵です。好きな人に告白するとき、ラブレターと一緒にこのシングルCDが入っていたらとても素敵。
  • 15thシングル
    『ミセナイナミダハ、きっといつか』
    PVが初のアニメーション作品。涙を流しても、力強い涙を歌った曲です。元気付けられます。
  • 16thシングル
    『オレンジ』
    超絶青春恋愛ソング。誰でも歌詞にあるような情景が頭に浮かんでくると思います。聴いているとドキドキが止まりません。
  • 17thシングル
    『OH!!!!迷惑!!!!』
    PVがスタッフ、演者、ロケ地、全てインドで構成されています。完全にネタ曲。普段はあまり聴かないHIDEの低音ボイスがグッド。
  • 18thシングル
    『雪の音』
    冬に聴くべき恋愛ソング。盛り上がるサビは恋心を高まらせます。冬って素敵だな、と思える素晴らしき歌。
  • 19thシングル
    『桜color』
    新たな生活での不安や期待を歌にした楽曲。ファーストアルバムに収録されている『NEW LIFE』も同じテーマですが、全く違うテイストになっているので聴き比べてみるのも面白いです。
  • 20thシングル
    『イカロス』
    カルピスソーダのCMソング。PVではGReeeeN本人たちが登場します。自分の人生は自分のものだ!と思える歌です。
  • 21thシングル
    『HEROES』
    このシングルは完全限定シングルで、出荷はもう終了しています。(アルバムで聴こう。)HEROになれる気がする、そんな歌です。
  • 22thシングル
    『愛し君へ』
    PVにブラックジャックが登場します。”愛”ってこういうことだよな、というのがストレートに伝わってくる歌です。
  • 23thシングル
    『僕らの物語』
    「死ぬな、生きろ!」的ソング。PVで登場する時計が3:11を指していて東日本大震災を連想させます。
  • 24thシングル
    『愛すべき明日、一瞬と一生を』
    PVでは300人の抽選で選ばれたファンであるエキストラが登場。一瞬を大切に生きようと思えます。
  • 25thシングル
    『SAKAMOTO』
    PVには坂本龍馬が走り回る姿が。何かに挑戦しようと思えるような曲です。
  • 26thシングル
    『夢』
    ジャケットにはGReeeeNメンバーの幼少期の顔写真が。自分自身と戦うことを勇気付けてくれる応援ソング。
  • 27thシングル
    『始まりの唄』
    ジャケットに写っているのはwhiteeeenメンバーのhima。「キャリタス就活」のCMソングだっただけあって、社会人への応援ソングという感じ。
  • 28thシングル
    『beautiful days』
    100人のイラストレーター、美大生によるPVがとても素敵です。
  • 29thシングル
    『暁の君に』
    ベストアルバム『ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜』に収録されているものは別バージョン。
  • 30thシングル
    『テトテとテントテン with whiteeeen』
    whiteeeenの『テトテ with GReeeeN』と対になっている楽曲。青春恋愛ソングです。広瀬すずが出演したCMのタイアップ曲。
  • 31thシングル
    『ハローカゲロウ』
    フジテレビ系平昌オリンピック中継テーマ曲です。
  • 32thシングル
    『贈る言葉』
    テレビドラマ『走れ!T高バスケット部』の主題歌です。カップリング曲の『カワリバンコハンブンコ』も良い歌です。
  • 33thシングル
    『約束 × No title』
  • GReeeeNが脚本を務めた映画『愛唄 -約束のナクヒト』の主題歌です。高校生バンド「No title」が参加。YouTubeで公開されているコラボMVは『愛唄』のPVのオマージュシーンがあったりします。

アルバム

これまで8枚のオリジナルアルバムと3枚のベストアルバムをリリースしてきました。
どれもふざけたアルバム名ですが、その遊び心がGReeeeNの良いところです。
基本的にどのアルバムから聴いてもGReeeeNの良さは分かって貰えると思うのですが、それぞれのアルバムでやはりテイストは違います。気になったアルバムから視聴してみましょう。


オリジナルアルバム


ベストアルバム

  • 1stアルバム
    いままでのA面、B面ですと!?
    1stシングル『道』から11stシングル『遥か』までをカップリング曲も含め全曲収録しています。 8cmCDでNG集も付いていたりと、超豪華仕様です。

  • 2ndアルバム
    C、Dですと!?
    12thシングル『花唄』から24thシングル『愛すべき明日、一瞬と一生を』までの他、配信限定ソングも収録されています。

  • 3rdアルバム
    ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜
    1stシングル『道』から29thシングル『暁の君に』と映画『キセキ -あの日のソビト-』の主題歌である『ソビト』も収録。全曲がリマスタリング収録されていて、GReeeeNの10年間の軌跡が丸わかりのベストアルバムです。

ライブ

GReeeeNは顔を出してライブをすることが出来ないため、モーションキャプチャー技術を使って映像として観客の前でパフォーマスを披露します。

HUDSON X GReeeeN ライブ!? DeeeeS!?

なんとGReeeeNの初ライブ会場は「Nintendo DS」でした。ゲーム上でライブを行うという行為は驚きのことですが、ファンにとっては初のライブを目にすることができ、興奮が止まりませんでした。

緑一色歌合戦

2012年にNHKホールで開催されたファン感謝祭。初めて観る動くGReeeeNの『ワイはワイワイでいいワイ〜おまえワィ?〜』から始まり、『every』で終わる初の観客の前で行うライブパフォーマスは感動ものでした。ニコニコ生放送で生中継もされていました。

俺らレボリューション

2013年に初の全国ツアー開催。映像を利用したエンターテイメントで観客を楽しませます。

エレグリトルカルパレートへようこそ!

2014年の自身2度目のツアー。『あいうえおんがく♫』で観客とダンスをしたりする場面も。

GReeeeN TOUR 2015 〜9周年だよ!10周年目前ツアー! 9SJ 〜

2015年開催。スマホアプリを利用したコンテンツもありました。

んなぁしたぁぁぁ〜…今日よりも好きになれる〜♪ツアー

2016年開催。whiteeeenの楽曲をソロで歌うコーナーなどを披露。

あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪ 』

2017年1月7日開催の10周年記念ライブ。埼玉スーパーアリーナで菅田将暉ら「グリーンボーイズ」が登場したほか、アンコールでは初のGReeeeNメンバー本人たちが登場(幕の後ろ)。生歌の『キセキ』『BE FREE』『道』は感動モノでした。

GReeeeNと不思議のダンジョン〜失われた古代魔法を求めて〜

2017年開催。ストーリー仕様になっていました。まさにアトラクション型ライブという感じですね。

GReeeeNと不思議のももがたり~おこしにつけたきびだんご~

2018年開催。オープニングアクトは「whiteeeen2」。

 

 

映画・書籍

GReeeeNの魅力的な楽曲を題材にした映画や、書籍なども発売されています。

『キセキ -あの日のソビト-』

菅田将暉&松坂桃李のW主演。GReeeeNがデビューする前から、名曲『キセキ』が誕生するまでを描いた青春映画です。
この映画から「グリーンボーイズ」というグループが誕生し、劇中で『キセキ』『声』『道』をカバーしています。GReeeeNファンは必見です。”ソビト”とは「自由に新しいことに挑戦していくヒト」という意味のGReeeeNによる造語。主題歌の『ソビト』はデビュー以前から存在する楽曲です。

『愛唄 -約束のナクヒト-』

2018年1月25日公開。『キセキ -あの日のソビト-』でnavi役を演じた横浜流星が主演の恋愛映画。脚本はGReeeeNメンバーが担当しています。”ナクヒト”とは「涙するほど全力なヒト」という意味のGReeeeNによる造語。

参考 愛唄 -約束のナクヒト-公式サイト

『それってキセキ ~GReeeeNの物語~』

実話を基にしたGReeeeNについての小説。
福島出身である彼らが3.11を経験した時の話など、ここでしか感じることのできないGReeeeNの人間愛を読むことができます。

その他

ロゴの変遷

GReeeeNはロゴを何度か変更してきた歴史があります。
ロゴに仕様されているフォントは「Bell Bottom Laser」というフォントだと思われます。

  •  

    デビュー開始の頃は比較的シンプルなロゴでした。彼らが全員歯科医として働いているため、ロゴは”笑った時の歯”がイメージされるようなモノになっています。

  • 右上にある輝きが増しました。ちなみに”e”の数はGReeeeNメンバーの数を表しています。

  • 現行のロゴです。青色が混雑多グラデーションになることによって爽やかさが増しました。

その他のロゴ

イベントやコラボレーションの際には、いつもと違ったロゴを使用する時もあります。

ハドソンとのコラボ

10周年記念ロゴ

MMORPG「ICUROS ONLINE」とコラボ

豆知識

良い歯!

GReeeeNが横文字で表記される際の”e”の部分。

こういう時。

この“e”は角度が18度なんです。良い歯(イイハ)とかけています。

少年の名前

3rdアルバム『塩、コショウ』のジャケットに写っているソフトクリームを食べている少年の名前。

彼の名前は「ショーン・コーン」と言うらしいです。アルバム名とかけているんですね。

色が奏でる虫の鳴き声

GReeeeNの楽曲には『ミドリ』や『オレンジ』といった、色を表す曲名の楽曲があります。

実はこれらの曲のイントロ部分には虫の鳴き声が入っています。なかなか気がつかない小ネタですね。

参考URL等

参考 公式サイトGReeeeNオフィシャルサイト 参考 ブログGReeeeN LINEブログ 参考 GReeeeNのWikipediaWikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です